正社員転職まとめ情報サイト@sff-sig

sff-sigが正社員転職の情報をまとめました

【転職の服装】転職の面接に着ていくスーツまとめ!まさかリクルートスーツで…

 

転職の面接に臨む際には、とりあえずできるだけ落ち度がないように臨みたいですよね。
特に、自分の印象をどのように整えるかということを心がけるべきですよね。

その中でも気を付けることの代表格は髪型や臭いではないでしょうか。
しかし、意外に洋服も重要なのです。
「なにを今更…就活の時学んだよ…」
と感じていると思うのですが、実は結構奥が深いんです。
なので今回はスーツに関して、まとめてみました!

 

新卒の時とはスーツが違うのって知ってました?

一般的に採用面接の際にはスーツを着ていくことは、おそらくご存じだと思いますが、基本的に転職の場合の服装は違ってきます。
男性の場合のワイシャツはボタンダウン型を除く白色の物がお薦めで、スーツ自体はネイビーのいわゆるリクルートスーツとは違う方がお薦めです。

もちろん転職とは言え、およそ新卒2年未満での転職があった場合はリクルートスーツでも良いとは思いますが、20歳代後半以降の場合には少し違って、逆にマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますので、できるだけ典型的なリクルートスーツは避けたほうがよいと思います。
 

 

20代はどんな格好がベター?

先述のように20代後半以降の転職面接には、リクルートスーツよりもビジネススーツの方が企業側の感じる印象は良くなることが多いと思います。
リクルートスーツは、ネイビーの無地の物が多く、フレッシュさや若さをアピール出来得ると思いますので、20代の人であって、フレッシュさと若さをアピールしたほうがよい業種での転職面接ならば、リクルートスーツでも良いことがあります。

また、20代の男性については、スーツ自体はネイビーのリクルートスーツであってもシャツを真っ白のものからあえて、薄いカラーのものに変えるだけで、リクルートスーツの印象が変わり、社会人経験者のような印象を与えることもあるため、20代でリクルートスーツしか持っていない方は、この方法で臨んでみるのも良いかもしれません。


参考:スーツとネクタイとシャツの色や柄の組み合わせ


20代の女性については、男性と同じことが言えて、ネイビーやグレーのいわゆるリクルートスーツであえて望んでもよい業種の場合を除いては、フリルなどの飾りがあるブラウスや薄いカラーのシャツ、ストライプ柄のシャツなどに変えると社会人経験の女性という印象を与えることもあるようですので、ビジネススーツを持っていない人は、この方法もお薦めです。

写真付きの解説はこちらから↓

【何色がいいの!?】採用面接官がおすすめする!面接に突破するためのスーツベスト3!

 

30代以降はどんな格好?

次に30代以降の人で、転職面接を迎える人は、やはり、リクルートスーツよりもビジネススーツを手に入れましょう。
男性については、社会人経験者という貫録も印象として出す必要があるため、堂々とした頼りがいのある印象を面接時に面接官に与えるように、スーツの色はネイビーかグレーの無地ではなくスプライト柄などがあるものにしましょう。また、爽やかな印象を与えたいならばブルー系のものでもよいかと思います。
(老け顔であると言われている場合には、ブルーのスーツで爽やかな印象を与えるためにブルーもいいと思います。)

それから、ネクタイは、ビジネススーツで無地ではないにしても、青系のものを着用すると、やはりリクルートスーツのイメージに戻ってしまいます。
そこで、赤系のものなどにすると、面接官に強い印象を与えます。
女性については、男性と同じことが言えますが、スーツの色はネイビーかグレー、もしくはベージュ系が良いかと思います。
女性の場合には、男性のスーツと違いストライプ柄などのものは少ないので、20代同様で中に着用するシャツをストライプ柄などにしたり、足元の靴をリクルート時よりも少しアレンジしたりすると良いでしょう。

写真付きの解説はこちらから↓

【何色がいいの!?】採用面接官がおすすめする!面接に突破するためのスーツベスト3!

 

こんな暑い夏は特に注意しましょう!

昨今、夏場にはクールビズという単語が一般的になってきましたが、クールビズという制度はあくまで、その社内における制度の一つに過ぎないので注意が必要です。
面接と言う場に臨む際には、やはりクールビズという言葉は無視して、スーツで行くべきなのです。
もしそれを間違うと、いきなり面接の入り口でNGになってしまいます。

暑くても男性はジャケットやネクタイを着用して夏場以外に面接を受ける際と同様のスタンスのスーツで、女性も夏場以外に面接を受ける際と同様のスタンスの服装で面接に臨むようにしてください。
なお、夏場のスーツは、夏用スーツという薄手のスーツもたくさん販売されているので、それらを入手して着用することをお薦めします。


参考:AOKI公式オンラインショップ

 

まとめ

ここまで読んでいただいてわかるように、新卒での面接と転職での面接には、
服装面でも違うということが分かって頂いたと思います。
基本的に企業の採用担当者の目から見ると、新卒者の採用では、社会人として真っ白な人材を教育にて育てていくというスタンスで採用をしていきますが、社会人経験がある人を採用する転職面接では、少なからず会社勤務とは何かを知った上での企業が求めるスキルをどれだけ有しているかというスタンスで採用をしていきます。そのスタンスの差から、大企業以外でない限り、中途で採用された人は、入社後の教育制度は、社会人の基本教育はほとんどないと言ってよいと思います。

それだけ違うので、転職面接で企業側に与える印象の種類も違うのが当然で、その為に服装も新卒と変える必要があるということです。
服装に気を付けることで、転職の成功をつかめる可能性が高くなるのであれば、違いを理解して気にかけてみるのも良いのではないでしょうか。